女性失禁、腹圧性尿失禁・腹圧性尿漏れ

女性に多い尿もれの種類

尿漏れや失禁は女性の方が多いのです。
これは身体の構造的な理由が大きいでしょう。

また男性特有の尿漏れ失禁もありますが
それは前立腺の記事で書きます。


女性の悩みの尿漏れ(尿もれ)は、
出産・肥満・便秘・膀胱炎などが原因で起こることもあります。

尿漏れ(尿もれ)にはいくつかのタイプがあり、
それぞれ原因も異なりますが
大きく分けると腹圧性尿漏れ(尿失禁)と切迫性尿失禁(尿漏れ)です。


尿もれとは
尿意がない時に、トイレ以外の場所でいくらかの尿がもれてしまい、
生活する上で困ることが起こったり、
衛生上でも問題となったりするものを
尿漏れ(尿もれ)と言います。

原因によっていくつかの種類があります。その中で、
女性に一番多い悩みといわれているのは「腹圧性尿失禁」です。

これは、せき、くしゃみ、重いものを持ち運ぶ、跳ぶ、走るなどの
動作によって生ずる尿漏れ(尿もれ)ですが、
原因は尿道を閉じたり開いたりする括約筋の緩みで、
その緩みには主に出産と加齢による筋力の低下が関与しているといわれています。


腹圧性尿失禁の原因
腹圧性尿失禁は、最も多く約70%。加齢や妊娠などによって
骨盤底筋がゆるみ、支えられていた膀胱が下降して尿道が短くなり、
咳やくしゃみなどのちょっとした腹圧(刺激)でも尿が漏れてしまうことで起こります。

妊娠中は、胎児の重みで、腹圧性尿失禁が起こりやすい状態になっていますが、
この妊娠中の尿漏れ(尿失禁)はお産が終われば自然に治ります。

閉経によって女性ホルモンの分泌が低下すると、
それだけでも骨盤底筋がゆるんでくるのですが、
妊娠や出産による骨盤底筋の損傷に加え、
肥満によって内臓を支えられなくなる場合や加齢により
筋肉が弱まっていることも原因となります。



腹圧性尿失禁
腹圧性尿失禁は一番多い尿漏れ(尿もれ)のタイプで尿失禁の70%を占めます。
咳をしたり、笑ったりすると漏れてしまうもので、更年期以降の人に多いタイプです。
尿道を占める尿道括約筋の収縮力が弱くなり、お腹に力が入ったときに漏れてしまうタイプです。

腹圧性尿漏れ(尿もれ)の原因
原因は骨盤底の筋肉がゆるんでしまったことによると考えられています。
女性の骨盤の中には、子宮や膣、卵巣、膀胱、尿道、直腸、肛門などの
いろいろな臓器がおさまっています。

これらを下からしっかり支えているのが骨盤底筋です。
妊娠出産や更年期のホルモン低下、又は肥満が原因となり、
骨盤底筋が弱くなってたるんでしまうのです。
モデダイ22カップアップ!メスを使わない超Natural豊胸術バストアップサプリグラマー+
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。