前立腺肥大

男性の尿漏れ、失禁の原因のひとつに前立腺肥大症があります。

前立腺肥大とは?
前立腺肥大症とは男性特有の病気です。

高齢になるほど多くなります。

前立腺は、膀胱のすぐ下にあり、ちょうど梅干ほどの大きさで、
その内部を尿道が通っている器官が前立腺です。

この前立腺が年齢とともに大きく肥大することにより、
尿道が圧迫されて排尿障害をもたらし、
それを前立腺肥大症といっています。


前立腺肥大症は加齢と深い関係にあり、40代50代で症状が出始め、
60歳を過ぎると、半数以上の人が夜間頻尿と放尿力低下を訴え、
65歳前後で治療を開始する人が多くなります。

加齢に深く関与しているようですが
実は20歳代にも前立腺肥大症の方がいます。
生活態度などにも影響があるといわれています。


前立腺の機能は男性ホルモンによって調節されており、
男性ホルモンの一つであるテストステロンが増える
思春期になると前立腺は大きくなり、分泌機能が盛んになります。

20才〜30才では、前立腺の大きさ及び機能のピークになり、
その後40才前半ぐらいまではその大きさにほとんど変化はありません。

ところが40代になると再度大きさが増してくる人がいます。
40代ぐらいから再度増加する前立腺の原因は、
一般的な男性の加齢現象とされています。

前立腺の詳しい機能は不明ですが、分泌する前立液は精液を調整して、
精液の生存環境を保護する機能です。

前立腺を持っていなくても、日常生活に影響がないため、
子供をつくらない年を取った人は、前立腺は必要ありません。

前立腺が肥大する時は内外同時に成長し、裏側に成長する場合、
蛇口と同じように、尿道を硬く締めるば締めるほど、
排尿が難しくなり、さらに排尿できないことになります。

その結果、膀胱炎、結石、さらに腎臓衰弱から起こった尿毒症も発生する場合もあります。
飲酒後、尿がでやすい状況になると、症状がよく分かります。
モデダイ22カップアップ!メスを使わない超Natural豊胸術バストアップサプリグラマー+
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。