前立腺肥大症カテゴリの記事一覧

前立腺肥大 予防治療サプリメント

前立腺肥大とサプリメント

前立腺肥大とは膀胱の出口にある前立腺が腫れる病気です。

前立腺は尿道を取り囲むように存在するので、
これが腫れることにより尿道を圧迫し、排尿を困難にします。

前立腺肥大に悩む人は多く、50代で約50%、
70代で約70%の方が排尿時の不快感を訴えています。

程度の差こそあれ、高齢の男性にはほぼ100%発症するため、
男性の更年期障害と言われています。
【5周年大特価】創快ミラクル【HBMライフネット】

前立腺肥大・頻尿・残尿に 創快ミラクル


前立腺肥大症で一番多いのは50代からの男性ですが
40代後半から前立腺肥大にかかる比率が高まります。

前立腺肥大は早い人では20代からなるひともいますが
ほとんどの人は更年期からです。

泌尿器系の炎症が進行すると、深刻な腎不全に陥る場合もあります。
慢性化しないよう、気をつけなければなりません。

前立腺肥大は、前立腺組織自体が肥大したものではなく、
尿道の周囲にある、一種の腺腫(非癌性)が大きくなったものです。

前立腺肥大は40歳代後半ころから始まって、
50歳後半ころに症状が明らかになり、加齢につれて頻度が高くなります。

はじめは、尿線が細いのに気づき、
次第に尿の出始めまでに時間がかかるようになり、勢いが弱くなります。

尿意も頻繁になり、就寝中にトイレに行く回数が増えてきます。

これは、排尿しても膀胱に尿が残る(残尿)ためです。
排尿をしようと力をいれた時、尿道と膀胱の小静脈が破裂して、
血尿をひきおこすこともあります。

細菌感染が加わると症状は悪化し、尿が濁ったり、
尿閉を起こすこともあります。

残尿がひどくなると、水腎症になったり、
最後には腎機能が衰えて尿毒症状を起こし、
嘔吐、下痢、体重減少、昏睡状態などを起こすこともあります。



前立腺肥大に効果があると
最近話題になっているのは、ノコギリヤシです。
この成分は、泌尿器の機能を正常に保ち、
細胞を活性化させる為に前立腺肥大や
慢性膀胱炎などの症状を予防します。

   
ノコギリヤシ とは
ノコギリヤシエキスに含まれる脂溶性の有効成分は、
ジヒドロテストステロンが前立腺受容体に結合するのを防ぎ、
男性ホルモン転換酵素5α−リダクターゼの働きを抑制します。

そのことで、ジヒドロテストステロンの増加が抑えられ、
前立腺の肥大を防ぐわけです。

創快ミラクル原材料

ノコギリヤシエキス
北米原産のシュロ属ヤシ科の低木です。果実から抽出されたエキスは、ドイツなどでは医薬品に用いられています。
前立腺が肥大するのはジヒドロ・テストステロンというホルモンが過剰に分泌するためで、ノコギリヤシエキスに含まれる脂肪酸は、このホルモンの生成を抑えたり、働きを阻害して排尿のトラブルを改善します。


亜鉛酵母

亜鉛は細胞が新しく生まれ変わるために欠かせない役割を果たしており、不足すると脱毛や前立腺に症状が現れます。


リコピン

前立腺内に豊富に存在し、酸化を防ぎ前立腺のよりよい健康を保ちます。


マカ

滋養強壮の目的で昔から愛用されています。ノコギリヤシの強壮効果を高めます。

【5周年大特価】創快ミラクル【HBMライフネット】

前立腺肥大・頻尿・残尿に 創快ミラクル

尿がしづらい、血尿等の症状には要注意です。
前立腺がんは早期発見で治療可能です。


前立腺がんは、とても多い病気ですが
早期発見でほとんどなおります。
前立腺がん予防のためにネットで検査できます。

前立腺のための郵送検診キットはこちらからどうぞ

前立腺肥大

男性の尿漏れ、失禁の原因のひとつに前立腺肥大症があります。

前立腺肥大とは?
前立腺肥大症とは男性特有の病気です。

高齢になるほど多くなります。

前立腺は、膀胱のすぐ下にあり、ちょうど梅干ほどの大きさで、
その内部を尿道が通っている器官が前立腺です。

この前立腺が年齢とともに大きく肥大することにより、
尿道が圧迫されて排尿障害をもたらし、
それを前立腺肥大症といっています。


前立腺肥大症は加齢と深い関係にあり、40代50代で症状が出始め、
60歳を過ぎると、半数以上の人が夜間頻尿と放尿力低下を訴え、
65歳前後で治療を開始する人が多くなります。

加齢に深く関与しているようですが
実は20歳代にも前立腺肥大症の方がいます。
生活態度などにも影響があるといわれています。


前立腺の機能は男性ホルモンによって調節されており、
男性ホルモンの一つであるテストステロンが増える
思春期になると前立腺は大きくなり、分泌機能が盛んになります。

20才〜30才では、前立腺の大きさ及び機能のピークになり、
その後40才前半ぐらいまではその大きさにほとんど変化はありません。

ところが40代になると再度大きさが増してくる人がいます。
40代ぐらいから再度増加する前立腺の原因は、
一般的な男性の加齢現象とされています。

前立腺の詳しい機能は不明ですが、分泌する前立液は精液を調整して、
精液の生存環境を保護する機能です。

前立腺を持っていなくても、日常生活に影響がないため、
子供をつくらない年を取った人は、前立腺は必要ありません。

前立腺が肥大する時は内外同時に成長し、裏側に成長する場合、
蛇口と同じように、尿道を硬く締めるば締めるほど、
排尿が難しくなり、さらに排尿できないことになります。

その結果、膀胱炎、結石、さらに腎臓衰弱から起こった尿毒症も発生する場合もあります。
飲酒後、尿がでやすい状況になると、症状がよく分かります。
モデダイ22カップアップ!メスを使わない超Natural豊胸術バストアップサプリグラマー+
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。